読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしなりのごはんとくらし

ガサツものですが丁寧なくらしを目指しています

失敗???カンパーニュ

ただいま、レーズン酵母の中種問題でじたばたしていますが、
復活をもくろんでいる中種3号を使って
カンパーニュを焼いてみました。

そしたら、明らかに失敗の雰囲気満載。。。


いつもはこちらが驚くほど
ぷくぷくと生地が盛り上がっていくのに
何時間たっても沈黙。。。

それでも控えめにはふくらんでくれましたが、
一晩冷蔵庫で寝かせても
翌朝、室温に戻しても
これ以上発酵してくれそうにないので
あきらめて焼くことにしました。

その後のベンチタイムも成型も
生地がベタベタで大苦戦。

なんていうか、いつもはもうちょっと生地に張りがあるのに
だらーんとダレた感じ。

これはもうお餅みたいなパンしか焼けないだろうな~、と
投げやりにクープを入れて焼成

そうしたら。

f:id:ringwave:20170514130459j:plain


なんと、形はいびつですが(いつものことですが。。。)、
意外にもふくらんでくれました。

あれれ~、とこれは嬉しい誤算です。

f:id:ringwave:20170514130533j:plain

二次発酵中は、だらっとのぺっとしていたのに
焼き上がりはけっこう腰高な感じ。

クラムは、いつもよりも気泡が多めで
それがいいのか悪いのかわからないけど
これはこれでアリなような。。。

味の方も特に酸味などは感じず、
わたしの舌では普通に美味しく食べられるパンになりました。

なんだろう、この感じ。

嬉しい反面、理由がわからなくて、落ち着かないというか。

けど、3号の中種、ちゃんとパンになってくれました。

わたし、パンに関しては、すごく神経質にいろいろ考えていたけど、
もっと酵母を信頼してあげてもいいのかも。

いや~、こういうことがあるから楽しいですね。


酵母のご機嫌次第で一喜一憂し、
焼きあがったパンの出来栄えに一喜一憂し、
心は落ち着かないけど、わくわくドキドキします。


ちなみに今度は1号を使って
パンケーキの生地を仕込み中。

f:id:ringwave:20170514130610j:plain

細かい泡がぷくぷく。。。

ふっくらパンケーキが焼けるのか
ぺたんこか、すっぱいパンケーキになってしまうのか、
さて、どうなることやら。