わたしなりのごはんとくらし

ガサツものですが丁寧なくらしを目指しています

東村山の土家でそば懐石

東村山の土家さんに伺いました。

f:id:ringwave:20170610101744j:plain

大分日が長くなって、夕方でも明るいです。

メニューもすっかり初夏の趣。

f:id:ringwave:20170610102245j:plainお酒は、肥前蔵心。

辛口すっきりで、暑い日にぴったりな感じ。


f:id:ringwave:20170610101855j:plain
そば豆腐。

ひんやりとしたおだしのジュレに、
きゅうりとトマトがさっぱり
底のごまだれがこっくりで、素晴らしく美味しいです。

f:id:ringwave:20170610102057j:plainそばがきのお椀は、姫竹と甘鯛とチンゲンサイ

冷から温のおだし連続攻撃。

たまりません。。。

f:id:ringwave:20170610102418j:plain
こちらもすっきり系の美丈夫。

f:id:ringwave:20170610102518j:plainとうもろこしのスープ。

甘ーーい、としか言いようのない
冷たいとろみスープ。

オクラの青い感じがよく合います。

うにもとろりと磯の香り。

 

f:id:ringwave:20170610102634j:plain盛り合わせ。
モロヘイヤのお浸し、南高梅のシロップ煮、焼きなすのゼリー寄せ、鴨ロースト
鮎の甘露煮、茗荷の甘酢、桜えび豆腐、煮タコ、わらびを揚げで巻いたの
ヤングコーンとヒゲのお浸し、まながつおのみそ漬け、そら豆の茶巾絞り。

目に楽しく、舌に嬉しい盛り合わせ。

一品一品とても丁寧に作られていて、
お酒とともに少しずついただくのが、たまらない楽しみです。

f:id:ringwave:20170610102938j:plain篠峯。

お米を6割磨いているとのこと。なんとも贅沢ですね。

先の2つに比べると甘みがあって、これまた美味しい。

f:id:ringwave:20170610103134j:plain黒ムツの煮付け。生麩とズッキーニとねぎとにんじん葉。

f:id:ringwave:20170610103300j:plain
おそば。

お酒を飲んだ後のおそばはやっぱり格別です。

f:id:ringwave:20170610103354j:plainデザートは紅茶アイスの白玉あんみつ。




というわけで、今回もおだしとおそばを満喫いたしました。

こちらで季節のお料理をいただくのが
自分の中での最高の贅沢で、
どうしても春夏秋冬と訪れたくなってしまいます。

美味しいお料理とお酒をありがとうございました。