わたしなりのごはんとくらし

ガサツものですが丁寧なくらしを目指しています

初めてのなれ鮨

旦那さんのお義父さんのお誕生日会と父の日会を兼ねて、
与野にある「京雀」でお食事会をしました。

そこで、初めて「なれ鮨」なるものに遭遇。

f:id:ringwave:20170618095359j:plain

見た目には、いわゆる「お寿司」感がありません。

「なれ鮨」とは鮒のお腹にごはんを詰めて、何年も発酵熟成された
お寿司の起源みたいなものらしいですね。

すごくくせがあって食べにくい、とさんざん脅かされたので
ほんの少しだけ~。。。

おそるおそる口に運んでみました。

お味の方はなんというか。。。すっぱい。

乳酸発酵が進んだ酸味の強さが印象的で
生臭いとか、そういう感じはありませんでしたが、
珍味であることには間違いなさそうです。

食べやすいように、チーズが添えてありますが、
こちらはあってもなくてもいいような。。。

他には、賀茂茄子とか、桜海老のかき揚げなどを
いただきました。

f:id:ringwave:20170618095449j:plain
おだしの効いた冷製賀茂茄子。

f:id:ringwave:20170618095527j:plain

かき揚げはさっくり。

珍味にワイワイと言いながら、
今年も変わりなく、皆でお義父さんのお誕生日をお祝いすることができて
とてもよい一日でした。

今年も一年、元気に過ごしてもらえますように。